教育の情報を先取りしよう!

教育現場におけるエンカウンター

学校機関など教育現場における多種多様な問題の一つに、人間関係が挙げられます。
いじめやモンスターペアレント、あるいは教師間の不仲などがその例です。
それらの問題が起こる原因として考えられるのが、人と人のコミュニケーション不足です。
あるいは偽りのコミュニケーションです。
この問題を解消する手段として有効なのが、エンカウンターです。
エンカウンターとは本音と本音の交流です。
人が本来持っている人間性を偽らずに、相手に伝えることで良い人間関係をつくろうという目的があります。
学歴社会と呼ばれる現代で、教育現場で重要視されるのはまず試験やそれに伴う成績の数字の良し悪しです。
学歴と同様に、評価されるべき人間性への興味が薄れています。
評価する側もされる側も、素直なコミュニケーションを心がけないと将来的に良好な人間関係は望めません。
エンカウンターは人間関係をよくするだけではなく、学力向上にも貢献します。
わからないことを恥ずかしがって黙ってしまう教育現場と、わからないことをわかりませんと素直に打ち明けられる教育現場では、どちらが後々学力がつくかは火を見るよりも明らかです。
感謝や謝罪など、当たり前のことを当たり前に言える良い教育現場を築くために、エンカウンターは必要なコミュニケーション手段です。